柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と緑内障

 

緑内障というのは、人間にもある目の病気ですね。

 

眼圧が高くなってしまうために、目に色々な影響が出てきます。

 

例えば、常に目が充血していたり、眼圧が高くなっていることで、目が大きくなった?と感じることがあります。

 

眼圧が高くなることを想像するのは難しいのですが、普通の状態ではないため、痛みを感じることもあります。

 

このため、頭や顔、目の周辺を触られるのを極端に嫌がることがあるので、「何か変だな?」と思ったら、すぐに病院に行き診察をしてもらいましょう。

 

緑内障の症状には、目が青っぽく見えてくるといった特徴もあります。

 

いずれの場合にも、治療は早いに越したことはありません。

 

緑内障になると最悪の場合、失明してしまう事もあるので、早期発見、早期治療が大切です。

 

緑内障は遺伝する病気なので、繁殖には向いていません。

 

緑内障の治療に関してですが、まず眼圧を下げることが先決なので、内服薬や点眼薬を使って眼圧を下げて行きます。

 

症状や進行具合にもよりますが、最近ではレーザー治療で眼圧をコントロールすることもできるようになってきているので、治療の選択肢も増えてきているようです。

 

緑内障は痛みを伴う病気ですので、症状が進行していて痛みが激しい場合には、眼球摘出をすることもあります。

 

目の病気はなかなか気付きにくい場合もありますが、日ごろから犬の様子を注意深く観察することも大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!