柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と角膜炎

 

角膜炎は目の病気です。

 

角膜炎の原因には色々あります。

 

逆さまつ毛、シャンプーが目に入ってしまう、アレルギー、ウィルス性の病気などが主な原因です。

 

角膜炎になると目に違和感があるので、常に前足で目を擦ったり、カーペットや、床に目を擦りつけようとします。

 

ただでさえ刺激を受けているのに、引っ掻いたり擦ったりすれば、余計に炎症を酷くしていまいます。

 

角膜炎になったら原因を取り除くことが大切です。

 

逆さまつ毛の場合にはまつ毛を抜く、シャンプーの時には注意深く行い、目に入っても刺激のない低刺激のシャンプーを選ぶなど予防が可能な場合には、予防していきます。

 

食べ物が原因のアレルギーの場合には、ドッグフードの種類を変えることも必要になります。

 

角膜炎の治療には、点眼薬、抗炎症剤や抗生物質を投与しながら様子を見るのが一般的です。

 

すぐに違和感が取れるわけではないので、犬が目を気にしなくなるまで、エリザベスカラーを使います。

 

見た目はなんとなく動きづらそうで可哀そうな気もしますが、私たちが思っているほど気にしていないものなのです。

 

最初はすごく嫌がっても、そのうち慣れてくるので、いつもと同じように生活できるようになります。

 

狭い所を歩く時には、ちょっと邪魔そうにしていることもありますが、すぐに慣れてエリザベスカラーをつけたまま眠ることもできるので、完治するまで勝手に外さないことも大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!