柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と白内障

 

白内障は人間と同じ目の病気です。

 

目の中にある水晶体という部分が白く濁ったようになる病気です。

 

視界をクリアにする水晶体が濁ってしまうので、当然見えにくくなります。

 

次第に視力も低下していくので、だんだんと動きが鈍くなったり、あまり動きたがらないようになることもあります。

 

白内障の原因は主に加齢なので、高齢犬になると、なんとなく目が白くなったな〜と感じる場合もありますが、白内障であることも多いようですね。

 

初期の場合には、外見で判断できないので、気づいた時にはかなり進行していることも珍しくありません。

 

白内障になってしまうと完治できないため、進行を遅らせる治療しかできません。

 

やがて失明してしまう事になるのですが、唯一の救いは進行がゆっくりだという事でしょう。

 

昨日まで見えていたのに、突然見えなくなるわけではないので、犬も見えないなりに順応していくことができると言われています。

 

早期発見できれば、早い段階で治療を開始できるので、進行を遅らせることもできますね。

 

見えないなりに順応しているといっても、やはり不自由に感じることもあるでしょう。

 

室内で柴犬を飼う場合は、家具の配置や、サークルの位置、トイレの位置も今までと同じようにしておくことも大切ですね。

 

完全に失明するまでは散歩に行きたがる子もいますので、障害物のない広い場所でゆっくりと歩かせてあげるなど、できるだけ気分よく過ごせるように工夫してあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!