柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と毛包虫症

 

毛包虫症は、アカラス症と呼ばれることも多い病気ですね。

 

毛包虫症とは、寄生虫が原因で発症する皮膚病です。

 

毛包虫は犬にもともと寄生しているのですが、健康な時には特に問題なく共存することができます。

 

ところが、いったん免疫力や抵抗力が低下すると、寄生虫が一気に増えてしまうので、皮膚病になってしまいます。

 

抵抗力や免疫力のない仔犬に多い病気ですが、成犬でも発症します。

 

アトピー性皮膚炎とよく似た症状を起こします。

 

痒みを伴う場合には、犬が引っ掻いてしまったり、痒いところを噛んでしまうため、二次感染が起こりやすい特徴があります。

 

皮膚病なので、発症すれば皮膚の炎症、赤み、脱毛、フケといった症状が出るので、飼い主さんもすぐに気づくと思います。

 

毛包虫症の治療は、まず原因となっている毛包虫の駆除をします。

 

駆虫薬や全身の薬浴を根気よく続けることが大切になります。

 

元々犬に寄生しているので、完治するまでにはかなり時間のかかる病気です。

 

いったん回復したように見えても、すぐに悪化することも多く、犬はもちろんですが、飼い主さんも大変な思いをすることがあります。

 

でも、一番つらいのは犬ですから、通院や薬浴も犬のために根気よく付き合ってあげてほしいと思います。

 

完治しても再発しやすいので、油断せず飼育環境や食事管理も行いましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!