柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とエストロゲン過剰症

 

エストロゲン過剰症とは、エストロゲンが過剰に分泌される病気です。

 

エストロゲン過剰症の主な症状としては、お腹の部分の毛が抜ける、毛ツヤが悪くなる、皮膚に見られる色素沈着などがあります。

 

エストロゲン過剰症の原因は性別により少し違いがあります。

 

メス犬の場合には、卵巣が大きく関係していることが多く、卵巣腫瘍などがあるとエストロゲン過剰症になりやすいと言われています。

 

私たち人間も犬も体に必要なホルモンというのがあります。

 

ホルモンバランスというのは健康に大きく関係してくるので、ホルモンの分泌が少なすぎてもいけませんし、多すぎてもどこかでバランスが崩れてしまうのです。

 

エストロゲン過剰症の治療としては、メス犬の場合には原因となっている卵巣と子宮の摘出を行い、オス犬の場合は去勢手術を行います。

 

オス犬の治療には、男性ホルモンを投与することもあります。

 

エストロゲン過剰症の病気予防には、去勢手術や避妊手術が効果的です。

 

これ以外の病気の予防にもなるので、仔犬を産ませる予定がないなら、将来かかるであろう病気予防も兼ねて、早めの手術を考えておくといいでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!