柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と甲状腺機能低下症

 

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまう病気です。

 

甲状腺ホルモンが減少すると、元気がなくなったり、脱毛などの症状が現れます。

 

甲状腺機能低下症の特徴的な症状の一つに皮膚が黒ずむというのがあります。

 

異常に食欲が増えることもあって、太りやすいため食事管理もしっかりと行いましょう。

 

しっかり食べているのに毛ツヤが悪かったり、脱毛が酷い場合など、どこか矛盾しているところがあります。

 

中には、表情がさみしそうだったり、どこか悲しげな表情になるといった症状もあるので、思い当たる時は、まず診察を受けるのがベストですね。

 

甲状腺機能低下症は治療可能な病気ですが、足りない甲状腺ホルモンを補うため、一生ホルモン剤を飲み続けなければなりません。

 

これといった予防法がない病気なので、少しでもおかしいと持った時には、すぐに病院に連れて行くようにしたいですね。

 

犬も人間と同じように、どんな病気も早期発見、早期治療が大切です。

 

特に犬は言葉を話すことができませんので、ここが痛い、あそこが痛いと症状を訴えることができません。

 

病気になった時は、必ず犬の様子や、体のどこかにそのサインが表れますので、見逃さないことも大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!