柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と皮膚糸状菌症

 

皮膚糸状菌症はカビが原因で起こる皮膚病ですが、人畜共有感染症になるので、特に注意したい病気ですね。

 

皮膚糸状菌症に感染すると、円形の脱毛が見られたり、皮膚に赤みが出たりします。

 

皮膚病なので痒みもあるように思いますが、あまりかゆがらないので、注意深く見ていないと気づかないこともあります。

 

毎日のブラッシングの時には、全身の状態もチェックするように習慣づけておくといいでしょう。

 

皮膚糸状菌症は、手や足の指の間、顔、腿の内側などに出やすいのですが、放置しておくとやがて全身に広がっていきます。

 

皮膚糸状菌症の治療は、抗菌剤などを使うか、患部の毛を刈って、薬浴するなどの方法があります。

 

症状に応じて治療法も変わってくるので、獣医とよく相談して決めるといいでしょう。

 

完治も可能ですが、その分再発しやすいので、皮膚糸状菌症になったことがあるワンちゃんは注意深く全身の様子を観察してくださいね。

 

ワンちゃんと一緒に寝ている場合には、飼い主さんにも感染する可能性があります。

 

丸く赤く炎症を起こす痒みがある場合には、皮膚糸状菌症の可能性があるので、早めに皮膚科に行って適切な治療を受けましょう。

 

生活環境も大切で、常に掃除をし清潔にしておくことも皮膚糸状菌症の予防、再発予防になりますね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!