柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と食餌アレルギー

 

柴犬に限ったことではありませんが、純血種の場合には食餌アレルギーが多いので注意したいですね。

 

まずは、アレルゲンが何であるかを確かめる必要がありますが、大抵の場合はドッグフードやおやつの原料が関係しています。

 

犬が食餌アレルギーを起こしやすい食材は以下の通りです。

 

・牛肉
・鶏肉
・鶏卵
・乳製品
・小麦
・とうもろこし

 

これらはドッグフードやおやつに使われる代表的な食材ですが、これらに対する食餌アレルギーが一番多いということです。

 

これらの他には大豆、豚肉、ラム肉などがあります。

 

大抵の場合はどれか一つでなく、これらの中の1〜2個に対してアレルギー反応を起こしていると言われています。

 

現在、ペットフードには安全性や栄養成分の表示方法の規制がなく、人間用の食品のように食品衛生法などもありません。

 

添加物の基準もないので、科学薬品や酸化防止剤(防腐剤)、発がん性の報告のある成分を使っている商品もあります。

 

これらの成分により本来の免疫システムが狂ったり、食餌アレルギーなどの原因となっている場合も多いようです。

 

比較的、山積みになって安売りされている安いドッグフードの場合に、食餌アレルギーを起こすことが多いような気がします。

 

食餌アレルギーの症状にも色々ありますが、顔、口の周り、カラダ全体にかゆみが出たり、脱毛、下痢、嘔吐などがあります。

 

酷くなると顔がパンパンに腫れてしまう事もあります。

 

ドッグフードを選ぶ時にはどんな原料が使われているかをしっかりと確認しておきたいですね。

 

私の場合には、自然派のドッグフードを選び、原料を見て自分でも口にできると思うものを選ぶようにしています。

 

自然派の原料にこだわっているドッグフードは少し値段も高めになっていますが、安いものを食べさせてアレルギーを起こし、その度に病院にかかり、犬にも辛い思いをさせるくらいなら、質の良いものを選ぶ方がいいですよね。

 

食餌アレルギーは、まず原因を確かめることが大切なことです。

 

動物病院でアレルゲン検査を受けましょう。

 

アレルゲンの原因がきちんとわかれば、それに対する治療や食事の改善をしていきます。

 

一般的に動物病院では症状が治まるまでは塗り薬を使ったり、アレルゲン除去のフードを食べさせていきます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!