柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬とアトピー性皮膚炎

 

犬にも人間と同じような病気がたくさんあります。

 

その中の一つが、アトピー性皮膚炎です。

 

アトピー性皮膚炎は、柴犬には特に多い病気なので、毎日のブラッシングの時などに常に皮膚や毛の状態をチェックしておくことが大切です。

 

アトピーの原因も人間と同じで、ダニ、ハウスダスト、食べ物、カビなどです。

 

アトピーの主な症状としては、痒みや皮膚の炎症があります。

 

犬は痒みを我慢することができないので、常に足で引っ掻いたり、口で噛んだりしてしまい、余計に炎症を酷くしてしまいます。

 

炎症が酷い場合には、ステロイドを使う事もあるようですが、副作用が強いというリスクも知っておきましょう。

 

他には、痒み止めや消炎剤、薬用シャンプーなどを使い痒みを抑える治療をしていきます。

 

何より大切なのは、アトピーの原因を確かめそれを排除していくことですね。

 

カビ、ダニ、ハウスダストが原因なら、常に部屋を清潔な状態にしておくことが大切です。

 

毎日の掃除はもちろんですが、空気清浄機などを設置するのも効果があります。

 

食事の場合には、アレルゲンになっている物が入っていない自然派のドッグフードや、手作りフードに切り替えて行きます。

 

柴犬はそれほど毛が長くありませんので、トリミングなどは必要ありませんが、ダブルコートなので換毛期には、いつもよりも丁寧なブラッシングも心がけましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!