柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の去勢手術と不妊手術

 

オス犬やメス犬の特有な病気予防のために、去勢手術や不妊手術が行われることもありますね。

 

ですが、去勢手術や不妊手術の判断は、とても難しいかもしれませんね。

 

飼い主さんの考え方も人それぞれなので、手術を強要することもできません。

 

もしも柴犬に仔犬を産ませたいと考えているのなら、去勢手術や不妊手術はする必要がありません。

 

ただし、安易な交配は、病気や弱い仔犬を増やすことにもなるので、十分に調べた上で行ってほしいと思います。

 

遺伝性の病気があった場合には、必ず仔犬にも遺伝しますし、犬も苦しい思いをする事になります。

 

オス犬とメス犬を多頭飼いしていて仔犬を産ませないのであれば、去勢手術や不妊手術をしておくことが大切です。

 

どんどん望まれまい子が生まれ、最終的に飼い主さんだけでは手に負えず、多頭飼育崩壊をすることもあります。

 

そうなれば、保健所に犬が引き取られて殺処分されてしまいます。

 

そんな残酷な状況を生みださないことも、私たち飼い主の大きな責任ですね。

 

以前、私は人間の勝手な理由で去勢手術や不妊手術をするのには反対派でした。

 

仔犬を産ませる予定はなかったのですが、持って生まれたものを取ってしまうのは可哀そうだと思っていたのです。

 

でも愛犬が子宮蓄膿症になってからその考え方が180度変わり、もっと早くに不妊手術をしておけばよかったと、とても後悔しました。

 

オス犬でもメス犬でも、それぞれに特有の病気になる可能性があります。

 

メスは子宮や卵巣の病気、オスは前立腺の病気などですね。

 

去勢手術や不妊手術が早いほど、将来なる可能性のある病気の予防ができますし、病気になる確率もグっと低くなると言われています。

 

去勢手術や不妊手術をすることで、病気予防ができるので、健康で長生きできるようになるというメリットもあります。

 

ですが、去勢手術や不妊手術にはデメリットもあります。

 

去勢手術や不妊手術をする場合は、費用がかかりますよね。

 

動物病院により差はありますが、15,000円〜25,000円が相場になっています。

 

手術に加えて検査費用、入院費用、点滴費用、鎮痛剤や抗生剤のお薬の費用などがかかります。

 

手術代プラス10,000円ほどと考えておきましょう。

 

去勢手術や不妊手術をする場合は、条件をクリアしていれば補助金が出る市区町村もあります。

 

助成金の金額としては、去勢手術の場合は3,000〜5,000円が相場です。

 

ちなみに、ペット保険に加入していても、ほとんどの保険会社は去勢手術や不妊手術に対して、保険は適用されません。

 

理由としては、病気ではない体への手術となるからです。

 

また、去勢手術や不妊手術をした後に体調が悪くなることもあります。

 

手術後はホルモンバランスが崩れてしまうので、どうしても太りやすくなります。

 

常に体重管理をしないといけないので、手は掛かりますが、愛犬の健康のためならそれほど面倒に感じることはありません。

 

去勢手術や不妊手術はそれほど難しい手術ではありませんが、全身麻酔をしてから手術を行います。

 

全身麻酔にはリスクがあります。

 

全身麻酔には、内臓機能の低下、肝機能の低下、血圧の低下、心不全、呼吸困難などの様々な副作用があります。

 

麻酔に詳しい専門の獣医師さんはいないので、使用する量や薬剤を誤ってしまうと、強い副作用が出たり、最悪の場合、愛犬が死亡するケースもあります。

 

特に柴犬のような小型犬や短頭種、10歳以上のシニア犬、呼吸器系や心臓の持病がある犬などは手術のリスクが高くなります。

 

去勢や不妊手術については、一度真剣に考えてみてください。

 

かかりつけの獣医師さんに相談してみるのも良いと思いますよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!