柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬のノミやダニの駆除をする

 

特に初夏から秋にかけてはノミやダニが出やすいので注意しておきたいですね。

 

柴犬は藪や草むらなども大好きなので、公園に行ったり、広い場所に行ったりした時に草むらを探検することもあるでしょう。

 

この時、ノミやダニも同じような場所を好むので、知らない間にノミやダニをお土産に持ち帰ってしまう事も珍しくありません。

 

また、散歩中に他のワンちゃんにノミやダニがいた場合には、同じように知らない間にノミやダニをもらってしまう事もあります。

 

ノミやダニは血を吸いますし、さされれば痒みも伴うので、かくことで皮膚に炎症を起こしてしまう場合もあります。

 

貧血になったり、寄生虫に感染してしまう事もあるので、決して軽視できません。

 

衛生的にも良くありませんので、いつどこでもらってしまうかわからない以上、普段からノミとダニの予防をしっかりとしておきましょう。

 

ノミやダニ取り用の首輪などもありますが、私の経験上これはあまり効果がないように思います。

 

動物病院に行くとフロントラインという薬があるのですが、私はこれを使っています。

 

 

使い方もとても簡単で、即効性があるので毎年とても助かっています。

 

犬が薬を舐めてしまわないように、首の後ろの毛をかき分けて地肌に直接塗布していきます。

 

ほんのわずかな量なのですが、それが全身に行き渡ります。

 

塗布後2日以上経過すればシャンプーしても効果が持続(1ヶ月〜2ヶ月間)しますし、ノミやダニが付いてもすぐに死滅してしまうので、効率よくノミ・ダニの予防ができます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!