柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の平均寿命

 

一般的に、大型犬に比べると小型犬は寿命も長くなります。

 

柴犬は日本犬の中でも一番サイズの小さい小型犬なので、比較的長生きのようですね。

 

柴犬の平均寿命は、15歳前後であると言われています。

 

でも、私の知っている柴犬は17歳になる今でも元気にしているので、人間と同じように犬も寿命が長くなっているようですね。

 

確かに昔に比べてドッグフードの質も良くなっています。

 

おやつなども、犬の健康を考えて作られたヘルシーなものも多くなっていますね。

 

サプリメントなども充実していて、人間顔負けのラインナップもあるくらいです。

 

ドッグフードも原材料にこだわり、人間が口にする上質のお肉や、魚、穀物などを使ったもの、アレルギーがある子のために専用のドッグフードも増えています。

 

食事もそうですが、健康のためには適度な運動も大切ですね。

 

柴犬は運動量も必要になるので、毎日の食事管理と運動管理をすることも長生きの秘訣でしょう。

 

人間と同じように犬も長生きになってきているのは嬉しい事ですが、それと同時に高齢犬になれば、病気にもなってきます。

 

長生きしているといっても、必ずしも元気でいるとは限りません。

 

寝たきりでも生きていることには変わりないので、自力で動けなくなったら飼い主さんが介護をしなければいけません。

 

一生付き合い最後まで面倒を見ることが犬を飼うという事です。

 

寝たきりになっても、最後まで大切にする事ができる人だけ犬を飼って下さいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!