柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の肛門腺絞りのやり方

 

犬の肛門の周りには、肛門嚢(こうもんのう)という臭い袋があります。

 

スカンクの臭い袋のように、犬の場合にも強烈な臭いを発します。

 

犬の肛門腺は野生時代に外敵を追い払うために使われたり、マーキングをして自分のテリトリーを示すためだったという説があります。

 

しかし、犬が人と暮らすようになり、分泌液を撒く機会がなくなっていったことで、家庭犬の多くは分泌液が溜まる肛門嚢を押し出す働きが、徐々に弱まって行ったと言われています。

 

大型犬の場合は、お尻周りの筋肉が発達しているので、排便時に自力で分泌液を出すことが出来ますが、柴犬のような小型犬や中型犬、シニア犬などは分泌液を自力で絞り出す力が弱くなっています。

 

肛門嚢に溜まった分泌液に細菌が繁殖すると、肛門周りの皮膚が赤くなったり、荒れたりして炎症が起こります。

 

発熱したり食欲がなくなったり、肛門の痛みから排便をガマンするようになってしまうこともあります。

 

なので、肛門腺は定期的に絞ってあげることが大切なんですね。

 

肛門腺の分泌物が溜まり過ぎてしまうと、最悪の場合は袋が破けてしまい、肛門周辺に穴が開いて大変なことになる場合もあるので、肛門腺のケアもしっかりと行いましょう。

 

肛門嚢に分泌液が溜まってくる時期は個体差もありますが、約1ヶ月程度になります。

 

肛門腺絞りの目安としては、犬がお尻をしきりに気にしたり、床にお尻を擦りつけるようなしぐさをした時には、肛門腺が溜まっているというサインになるので、絞ってあげる時期と思っておくといいですね。

 

肛門腺を絞る時は、臭いが手につかないようにゴム手袋などをすると良いでしょう。

 

肛門を見た時、時計の4時と8時の位置に指を置き、絞りあげるようにしていくと絞ることができます。

 

しかし、最初はコツを覚えるまで上手に絞れず、犬にとってはただ痛いだけなので、悲鳴をあげたり、嫌がって大人しくしていないことがあります。

 

肛門腺絞りは動物病院でもやってもらえますので、どうしてもうまくできない場合には、無理をせずにお願いするといいでしょう。

 

トリミングサロンでもやってもらえますが、大抵はシャンプーの前にやってもらうので、ついでにシャンプーしてもらうのもいいかもしれませんね。

 

この際に自分で絞るコツなどを教えてもらうのも良いでしょう。

 

お尻ってとてもデリケートな部分ですし、犬にとっては触られるのを嫌がることもあるので、無理してトラウマにさせないようにすることも大切ですね。

 

犬の肛門腺絞りのやり方は、下の動画も分かりやすいので、参考にして下さいね。

 

 

愛犬の病気を未然に防ぐためにも、定期的な肛門腺絞りを忘れずに行ってくださいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!