柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の爪切りのやり方

 

犬も爪を切らずにいると、爪が伸び放題に伸びてしまいます。

 

そのまま放置すると次第に丸まって肉キュウに刺さってしまい、傷つけたり炎症を起こしてしまいます。

 

毎日お散歩に行っていればある程度は削られるのですが、柴犬のような小型犬の場合は大型犬のように体重が重くないので、削られるといっても限界があります。

 

爪も定期的に切ってあげることが大切です。

 

仔犬の頃は爪も小さくて、やわらかいので、人間の爪切りでも簡単に切ることができますが、成長ともに厚みも出て硬さも増してきます。

 

犬の爪は割れやすいので、基本的に人間の爪切りは使用できません。

 

必ず犬専用の爪切りを用意しましょう。

 

犬の爪切りにはギロチンタイプとニッッパータイプがあるので、飼い主さんが使いやすい方を選べばいいでしょう。

 

 

ちなみに、一般的によく使われているのはギロチンタイプです。

 

トリマーさんもこのタイプの爪切りで切っていることがほとんどです。

 

犬の爪の構造は筒状になっていて、中に血管が通っています。

 

爪が伸びるとこの血管も一緒に伸びてきます。

 

少しでも切り過ぎてしまうと血管も切ってしまうことになるので、出血してしまいます。

 

犬の爪が白い場合には、透き通っているので血管もよく見えます。

 

この場合には血管の手前まで切っておけばいいのですが、黒い爪の場合には血管の位置がわからないので、切り過ぎてしまうと出血をしますし、犬も痛がり爪切りを嫌がるようになります。

 

爪が黒い場合には、一気に切ろうとせず少しずつ様子を見ながら切っていきましょう。

 

何回かに分けて切っていけば、血管に近づいてくるとその名残が見えてくるので、そこでストップするようにしましょう。

 

万が一、血が出た時のために止血剤も用意しておきましょう。

 

 

犬の爪切りのやり方は、下の動画も分かりやすいので、参考にして下さいね。

 

 

犬の爪切りをする時には、シャンプー後の爪が柔らかくなっている時が切りやすくてオススメですよ。

 

爪を切った時には、どうしても角ができてしまいます。

 

そのまま引っ掻いたりすると傷つけてしまう事があるので、仕上げにやすりで先を丸めておくといいですね。

 

犬の爪切りの目安については、爪の先が床に着くようになれば切ってあげたほうが良いでしょう。

 

室内で犬を飼っているとフローリングの床などを歩くとカチカチといった爪の音がする時がありますね。

 

そうなったら伸びすぎですので、すぐに爪切りをしましょう。

 

犬の爪切りに失敗して一度でも痛い思いをさせてしまうと、爪切りが嫌いな子になってしまいます。

 

そうならないためにも、一度にたくさん切ろうとせずに、少しずつ切っていくことが大切なポイントです。

 

初めて犬の爪切りをする場合は、トリマーさんに切ってもらい、どれくらいまで切って大丈夫なのか、スマホなどで写真を撮っておくこともオススメです。

 

また、 爪切りをする際には声をかけながら優しく固定して、素早く切るようにしましょう。

 

最初は後ろ足の爪から切っていき、最後に前足の爪を切るとやりやすいですよ。

 

飼い主さんが不安がっていると、愛犬にもそれが伝わってしまいます。

 

そうすると、ますます愛犬は爪切りを怖く感じてしまいますので、とにかく堂々とした態度で爪切りを行いましょう。

 

爪切りもしつけの一環なので、仔犬の頃から慣らしておくことが大切です。

 

仔犬の時から爪切りに慣れておけば、大人しく爪切りをされてくれる子になります。

 

出来ればスキンシップも兼ねて飼い主さんが犬の爪切りをするのが理想です。

 

ですが、一度でも爪切りに失敗して愛犬に「爪切り=痛い」という記憶が残ってしまうと、愛犬が暴れて、とても爪を切れるような状態ではないということもあるでしょう。

 

もしも愛犬が暴れて爪切りが出来ない場合は、ドッグサロンや動物病院などで切ってもらうといいでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!