柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の歯磨きのやり方

 

犬も本当なら、食べたら毎回歯を磨くのが理想です。

 

人間のように甘いものは食べないですし、おやつも硬いものが多いので、あまり虫歯になることはないと思いますが、食べカスが付き、歯垢になり、歯石になってしまうと、歯を支える骨を溶かしてしまいます。

 

こうなると人間と同じように歯周病になり、歯肉炎や歯槽膿漏といった病気にもなっていきます。

 

特に柴犬のような小型犬や高齢犬などは歯周病を患いやすい傾向にあります。

 

犬の歯は人間が噛めないような硬いものでも噛み砕くことができますが、歯を支える骨が溶けてしまえば、歯がグラグラになり抜け落ちてしまいます。

 

1本でも抜け落ちて噛み合わせが狂えば、他の歯もいずれはグラグラになって抜け落ちて行きます。

 

歯が全て無くなれば、フードを噛むことが出来ないので、飼い主さんが補助して食べさせてあげる必要があります。

 

そうならないためにも、犬も歯磨きが大切なんですね。

 

できることなら、仔犬の時から歯磨きの習慣をつけておきましょう。

 

成犬になってから、突然歯磨きをしようとしても、その習慣がないと歯を磨かせてくれません。

 

子供用の毛先の小さい歯ブラシを使うと磨きやすいのですが、歯ブラシを極端に嫌がるような場合には、清潔なガーゼで歯の表面をさっとこすり、汚れを取り除いてあげます。

 

ガーゼの代わりに歯磨きシートを使っても良いでしょう。

 

 

ガーゼと同じように飼い主さんの指に巻き付けて使います。

 

歯ブラシを使う前に歯磨きに慣らすためにも使えます。

 

犬の歯を磨く時は、「犬歯→横の歯→前歯」の順に磨くとスムーズに行いやすいです。

 

歯ブラシを使う時は、水に濡らしてください。

 

 

乾いていると歯との摩擦が起こってしまいます。

 

歯磨きをする時は、歯磨きペーストを使うとやりやすいですよ。

 

チキン味など色んな味の歯磨きペーストが売られています。

 

 

歯磨きペーストを使うと歯磨きタイムになると飛んで来る子もいますよ。(笑)

 

歯ブラシをガジガジ噛むことで、歯ブラシの破損による誤飲などが起こることもあります。

 

歯ブラシを噛んでしまう時は、「ダメ」、「イケナイ」などのコマンドを出して止めさせましょう。

 

ただし、大きな声で叱ると歯磨きが苦手になってしまうかもしれません。

 

アイコンタクトやご褒美を使いながら行いましょう。

 

犬の歯磨きのやり方は、下の動画も分かりやすいので、参考にして下さいね。

 

 

歯磨きをやるのとならないのでは全く違ってくるので、毎日の習慣にしておきましょう。

 

歯石になってしまうと、動物病院で全身麻酔をしてスケーリングをしない限り歯石を取り除くことはできません。

 

歯石は歯茎の奥にもできるので、歯石になる前に歯ブラシをして、汚れを落としておくことが大切です。

 

どうしても歯磨きを嫌がる子の場合は、歯磨き効果のあるガムやサプリメントがありますので、そのような商品を使うと良いでしょう。

 

 

歯磨きガムの場合は、大きさに注意して選んで下さい。

 

大きすぎると口の中が傷ついたり、丸飲みして消化管に詰まる危険性があります。

 

逆に小さすぎるとあっという間に食べてしまい、あまり効果がありません。

 

柴犬の口の大きさに合ったガムを選びましょう。

 

歯磨きガムを使う時は飼い主さんが手に持って、なるべく奥歯で長く噛ませましょう。

 

歯磨きガムには歯垢を落としたり、唾液の分泌を促して口内をキレイに保ったり、口臭を予防するというも効果あります。

 

ですが、完全に歯垢を落とすことができません。

 

あくまでも歯ブラシの補助的に使用することが理想です。

 

冒頭でも言いましたが、犬の歯磨きの頻度は毎日がベストです。

 

ただし、飼い主さんが仕事や家事などで忙しくて時間がない時は、2〜3日に1回でも良いでしょう。

 

本来犬には歯磨きの習慣はありません。

 

犬の歯磨きは飼い主さんが愛犬の健康のために行うものです。

 

どうしても歯を触らせない子の場合は、最初にマズル(口の部分)を触って、ご褒美をあげます。

 

マズルを触っても平気になったら口をめくってみましょう。

 

これを繰り返していくと、犬は「口を触られると良いことがある!」と学習しますので、口を触られることに慣れてきます。

 

そして、歯ブラシに慣れると歯磨きが出来るようになります。

 

いきなり歯ブラシが難しい場合は、ガーゼや歯磨きシートから始めると良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!