柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の耳掃除のやり方

 

たれ耳の犬は耳掃除も一苦労ですが、柴犬は立ち耳なので耳掃除はそれほど苦労しないと思います。

 

ただし、立ち耳タイプの犬種は、塵やホコリなどが耳の中に入りやすくなっています。

 

定期的に耳掃除をしないと耳垢が溜まったり、内耳炎や中耳炎、外耳炎などの耳の病気になってしまうので、きちんと行いましょう。

 

耳の黒ずみ、耳の中の悪臭、耳垢が黒い、耳の腫れ、耳の先の変色などの症状がある時は耳の病気や異常がある可能性があるので、動物病院で検査をしてもらいましょう。

 

耳掃除の目安としては、1週間に1回程度で十分ですが、犬の体質にも個体差があるので、脂症の体質の子の場合には、もう少し小まめに行うといいかもしれません。

 

耳掃除のやり過ぎは禁物なので、適度に耳をチェックして汚れてきたな〜と思ったら、耳掃除をするといった感じでもいいでしょう。

 

耳はとてもデリケートなので、耳掃除の時には力は必要ありません。

 

耳の見えている部分は、清潔なコットンに耳専用の洗浄液やイヤークリーナーなどを染み込ませて、優しく拭き取ってあげれば十分です。

 

 

耳の奥は、綿棒などを使うと耳垢を奥に押し込んでしまう可能性もあります。

 

見えない部分は綿棒などを使わず、耳の中に洗浄液をたらし軽く揉み、後は犬が頭をプルプルと振った時に、耳垢が飛び出してくるので、それを片づけると良いでしょう。

 

耳掃除をする際には洗浄液の使いすぎは止めましょう。

 

洗浄液は、2週間に1回くらいのペースで使うようにしましょう。

 

どうしても上手くできない場合には、費用はかかりますが動物病院で耳掃除だけもやってもらえるので、お願いしてみるのもいいですね。

 

この時に、耳掃除のやり方を教えてもらえば、自分でもできるようになるでしょう。

 

ただし、動物病院では耳垢が多い時は鉗子という器具を用いて除去することもあります。

 

 

そのため、耳垢が溜まり過ぎないように、定期的に耳掃除をしてあげることが大切ですね。

 

犬の耳掃除のやり方は、下の動画も分かりやすいので、参考にして下さいね。

 

 

 

犬の耳掃除をする際には、耳掃除をやりやすくしたり、蒸れから来る細菌繁殖の予防の目的で、耳の中の余分な毛をカットすることもあります。

 

ですが、全犬種の耳の毛を抜いて良いというわけではありません。

 

詳しくは獣医さんやトリマーさんに聞いてみると良いでしょう。

 

犬の耳掃除はとっても難しく大変です。

 

犬の耳掃除は仔犬の頃から行わないと、犬が動いたり、嫌がったりしてなかなかできないこともあります。

 

毎日スキンシップを取りながら、犬が耳を触られても嫌がらないようにしつけておくことが大切です。

 

耳掃除を嫌がる子の場合は、耳の中を触っても嫌がらないように、慣れさせることから始めると良いでしょう。

 

耳の中を触っても暴れたりしなくなったら、おやつなどのご褒美をあげると良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!