柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の引っ張り癖のしつけ

 

柴犬はとても活発で運動量も必要な犬種なので、毎日の散歩も欠かせません。

 

散歩の時間を楽しみにしているので、リードを見た途端大はしゃぎで、散歩に出た途端グイグイ引っ張って飼い主さんが引きずられるようにして歩いている光景もよく見かけますね。

 

傍から見ている限りでは、とても微笑ましい光景なのですが、引っ張り癖をつけないようにしっかりとしつけましょう。

 

犬が散歩の時に引っ張るのは、引っ張れば飼い主さんがついてきてくれると学習しているためです。

 

まず、何をするにも主導権を握るのは、家族という群れのリーダーである飼い主さんでなければいけません。

 

散歩の時に、コースを決めるのも飼い主さんですので、犬の好き勝手にはさせないようにしましょう。

 

犬の好き勝手にいかせていると、突然飛び出したり、飼い主さんの予測できない方向に行こうとすることもあります。

 

もしもそこに車や自転車が来たら、事故にあってしまう可能性もありますね。

 

犬の安全のためにも、引っ張り癖のしつけは必要なんです。

 

リードを短く持ち、飼い主さんの横か少し前でもいいので、引っ張らずゆっくりと飼い主さんのペースに合わせて歩けるようにしていきましょう。

 

いつも使っているリードでかまいません。

 

犬が引っ張ろうとしたら、一瞬強めにリードを引きショックを与え、イケナイ、ダメなどと声をかけてきます。

 

引っ張る度にこれをしていけば、犬も苦しい思いをするので、自然に引っ張らなくなっていきます。

 

引っ張り癖のしつけ用のリードもあります。

 

犬が引っ張ったり、勝手に方向を変えようとすると、横を向いてしまうような構造になっているので、自然と真っすぐ歩くようになるというものです。

 

色々な方法を試してベストと思える方法で、引っ張り癖のしつけをしてみてください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!