柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の拾い食いのしつけ

 

拾い食いのしつけは大切なしつけになります。

 

何でもかんでも落ちている物を食べてしまう事は、場合によっては命に関わることもあるからです。

 

例えば、室内が散らかっている家の場合には、床に落ちている物が犬にとって危険になるものもたくさんあります。

 

チョコレートなど犬が食べてはいけない食べ物もあります。

 

小さい電池やボタンは誤飲した時、気道に詰まってしまえば窒息してしまいますし、窒息死する可能性もあります。

 

拾い食いの一番効果的な対策は、そういう状況を作らないことです。

 

つまり、室内の場合には常に部屋をキレイに掃除して、床や犬の届くところに物を置かないように徹底すればいいのです。

 

散歩の時、道に何かが落ちていても、拾い食いの癖がない場合には、近づこうとはしません。

 

興味を持って近づいた時はリードを強く引き、イケナイと声をかけるようにしていけば、拾い食い防止になります。

 

好奇心旺盛な子の場合には、床や地面に落ちている物に興味を持つので、根気よく繰り返ししつけて行きましょう。

 

言う事を聞いた時には、必ず褒めることも大切です。

 

飼い主さんが散歩の時には、常に下に何か落ちていないか確認しながら歩くことも大切ですね。

 

犬は何かを発見した時には、まず臭いをかぎ、舐めたり口に入れたりして確認しようとします。

 

ある意味犬の習性なので仕方ないことですが、犬の安全のためにも必要なしつけなので、しっかりと行いましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!