柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬のハウスのしつけ

 

ハウスのしつけは、仔犬の頃からの習慣で身に付きますね。

 

仔犬を迎え入れたらサークルの中にベッドを置き、仔犬が安心して眠れるように居場所を確保してあげましょう。

 

最初のうちはトイレも同じサークル内に設置してもいいと思います。

 

ハウスが自分にとって居心地の良い場所であると分かれば、室内で自由にしていても、何かあった時には自分のハウスにすっとんで行くようになります。

 

例えば、いたずらをして叱られた時などですね(笑)

 

そういう時に逃げ込むのは、自分が安心できる場所なので、ハウスを安心できる場所と理解させればいいんです。

 

最初はサークルの中で過ごさせますが、少しずつ外に出して遊ばせる時間も長くしていきましょう。

 

仔犬のうちはハウスといっても、すぐには理解できないので、飼い主さんが抱っこしてハウスまで連れて行き、中に入れる時に「ハウス」と声をかけます。

 

毎回これを繰り返すと、「ハウス=サークルの中」と理解していきます。

 

徐々にステップアップしていき、サークルの近くで犬を呼び、自分でハウスに入れるように誘導していきます。

 

まぐれでもいいので、自分からハウスができた時には思いきり褒めてあげましょう。

 

上手にハウスができたら褒めてもらえると分かれば、ハウスと声をかけただけで自分からハウスに入るようになっていきます。

 

毎回上手にできたら褒めることも忘れずにすることが、上達のポイントです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!