柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬のトイレのしつけ

 

柴犬に限らずトイレのしつけは、しつけの中でも一番難しいかもしれません。

 

どの犬種にも言えることですが、トイレのしつけでは失敗しても叱ってはいけません。

 

犬は叱られた時も、褒められた時も、直前にしていたことに対して、叱られたり、褒められたりしたと判断するからです。

 

飼い主さんの叱り方にもよりますが、きつく叱ってしまった場合には、「泄自体を悪いことなのだ」、「排泄すると叱られる」などと勘違いしてしまう事があるからです。

 

私も以前、これで失敗をして、犬にも可哀そうな思いをさせてしまったので、叱ることはオススメできません。

 

修正するまでにかなり時間と労力を必要としました。

 

その代わり上手にできた時には、思いきり褒めてあげることが大切です。

 

柴犬はちょこっと頑固な一面があるので、叱り方を間違えると拗ねてしまったり、言う事を聞かなくなることもあります。

 

せっかく築きあげた信頼関係が崩れてしまったら、犬も飼い主さんも悲しい気持ちになってしまいますね。

 

大げさなようですが、トイレのしつけって意外と大変なんです。

 

私の経験上では、ペットシーツの上ですることを覚えさせると意外と上手くいくので、ペットシーツを使ってみましょう。

 

まずは犬をよく観察しましょう。

 

トイレをするタイミングがわかってくるはずです。

 

通常はお水を飲んだり食事をした後にトレイをします。

 

トイレをする時は、クンクンと臭いをかぎだすので、そのタイミングでペットシーツへと誘導します。

 

最初は飼い主さんがペットシーツまで抱えてあげてもいいでしょう。

 

ペットシーツの上でトイレが出来た時は、褒めてあげましょう。

 

仮に失敗しても叱ったりせずに、その時は黙って片付けましょう。

 

これを繰り返せば自然とペットシーツの上でトイレが出来るようになります。

 

お利口な子は、鳴いてトイレがしたいと教えることもあります。

 

「ただうるさい!」と叱るのではなく、犬が何をしたいのかを理解することも大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!