柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

「スワレ」、「マテ」、「ヨシ」のしつけ

 

犬のしつけは基本的に「スワレ」、「マテ」、「ヨシ」の3つができていれば問題ないと思ってます。

 

個人的な意見になってしまいますが、オテとオカワリはなんとなく人間の自己満足で教える気がします。

 

オテとオカワリを教えるなら、フセを教えた方が色々な意味でも使えると思います。

 

もちろん、オテとオカワリを教えてもいいですが、まず最初に「スワレ」、「マテ」、「ヨシ」の基本の3つを教えて行きましょう。

 

一連の動作としてしつけて行くと、比較的しつけやすいかもしれません。

 

犬が大好きなゴハンの時間を利用してみましょう。

 

スワレは、犬が自然とその姿勢になるように、犬よりも高い目線で行うと上手くいきます。

 

ゴハンを入れた食器を高い位置で持ち、犬が上を向いた時にお尻が下がる、つまりスワレの姿勢を取りやすいように誘導していきます。

 

この時、犬の動作をよく見ておきましょう。

 

座ろうとした瞬間に、タイミングを合わせて「スワレ」と声をかけます。

 

これを何度も繰り返しましょう。

 

出来た時には思いきり褒めることも忘れずに!

 

マテはスワレの姿勢のままがいいですね。

 

食べようとした時には、「マテ!」と少し強めに声を出してみましょう。

 

一瞬驚いてひるみ、スワレの姿勢に戻りますので、目を見てマテと言い待たせます。

 

最初に数秒間だけマテをさせて、ヨシといって食べさせてみましょう。

 

これも何度も繰り返して行う事が大切です。

 

基本のしつけは食事の時間を利用すると自然と覚えて行くので、他の時にもできるようになるはずです。

 

しつけのポイントはタイミングよく声をかけることです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!