柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の体重とサイズ

 

犬は人間で言うところの身長を体高で表します。

 

体高は、地面から背中の高さまでのことを言います。

 

頭の先から尻尾の先までのサイズではないので、覚えておいて下さいね。

 

体長は、胸からお尻までの長さを言います。

 

これを踏まえて、柴犬のサイズを確認してみましょう。

 

参考にするのは、JKC(ジャパンケンネルクラブ)の標準です。

 

柴犬の場合には、メスよりもオスの方が若干大きめになることが多いようですね。

 

オスの場合、体重は9kgから11kg、体高は30cmから41cmとなっています。

 

メスの場合、体重は7kgから9kg、体高は35cmから38cmとなっていますね。

 

これはあくまでもJKCの標準なので、目安であると思って下さい。

 

犬にも個体差があるので、オスでももっと小さい子もいれば、メスだけど大きめの子もいます。

 

同じ体高でも、骨太の子は体重が重くなりますし、華奢な子は体重も軽くなります。

 

数字だけで決めつけるのではなく、その子の体格や骨格でベスト体重を見極めてあげることが大切です。

 

犬の場合も、親犬によく似るので、可能なら親犬のサイズや体重を確認しておくことで、成長の目安になるでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!