柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

犬のしつけのコマンドは統一する

 

飼い主さんが一人暮らしの場合もあれば、夫婦と子供の家族の場合もありますよね。

 

兄妹が多かったり、おじいちゃんやおばあちゃんがいればもっと家族が増えます。

 

一人暮らしの飼い主さんの場合でも、大所帯の家族でも、犬のしつけの時のコマンドは皆同じに統一することが大切です。

 

その時の気分でスワレ、オスワリ、座ってごらん、時には英語にしてみたり・・・これでは犬は混乱してしまいます。

 

パパはスワレ、おばあちゃんはお座りしてごらん、子どもは座って〜、これも犬を混乱させてしまいますね。

 

コマンドを決める時には、使うコマンドを家族で統一しましょう。

 

出来るだけ短く簡潔に犬が覚えやすいコマンドを選ぶこともポイントですので覚えておいてくださいね。

 

発音しやすく、犬が聞き取りやすい短めの言葉をオススメします。

 

例えば、「スワレorオスワリ」、「マテ」、「ヨシ」、「ダメorイケナイ」など、どれかに決めたら、ずっと同じコマンドを使いましょう。

 

どうしても大人や子供の場合には、声のトーンや言い方が変わってしま事もありますね。

 

子どもだと、どうしても強めの口調で言えないこともありますよね。

 

犬のしつけは最初が肝心ですので、ある程度覚えるまでは同じ人がしつけをした方がベストだと思います。

 

少しずつ覚えてきたら、子どもと一緒にしつけをしていくようにすると良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!