柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

犬のしつけは短時間で行う

 

犬の性格にもよりますが、犬のしつけというのは根気と忍耐が必要になります。

 

一度やっただけで出来る子は、おそらくいないでしょう。

 

まぐれだったとしても、2回目は上手にできないこともあります。

 

ついつい力が入り何とか上手くしつけをしようと、長い時間ダラダラと続けていませんか?

 

人にも集中力というのがあるように、犬にもあります。

 

でも、どんなにすごい人でも、そうそう集中力は長続きしませんよね。

 

集中して何かをした後って、ドっと疲れが出ませんか?

 

これは人間に限ったことではなく、犬も同じなんですね。

 

特に犬は人間のように集中力が長続きしません。

 

大抵の場合、5分ぐらいがちょうどいいでしょう。

 

5分経過する頃には、すでに飽きているような様子を見せることもあります。

 

特に仔犬はもっと集中力が続かないので、1分か2分を根気よく何回も繰り返す方が効果的だと思います。

 

ただ、「しつけをするぞ!」と力んでしまうのではなく、時には遊びを通じてオスワリやマテをしつけて行くのもいい方法です。

 

楽しみながら学ぶ方が覚えも早い気がします。

 

こういうところも人間と同じなんですね。

 

何度も繰り返すことも大切なことです。

 

犬のしつけは、1日や2日で完了するものではありません。

 

犬の性格によってもその都度状況が変わってきますので、犬と飼い主さんのペースで焦らず気長にしつけをしてみてください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!