柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

おやつを使ってしつけない

 

犬のしつけの時のご褒美として、おやつを使う人もいますよね。

 

上手にできたらおやつがもらえるので、犬もやる気が出ますし、効果もある気がします。

 

でも、これが当たり前になってしまうと何かをする度に、おやつをあげないといけなくなりますね。

 

これでは、おやつ欲しさに頑張ってしまう事になる場合もあります。

 

「上手にできたのに、おやつくれないの〜?」となると、そのうち言う事を聞かなくなるかもしれません。

 

また、必要以上におやつを食べさせるのは、肥満の原因にもなります。

 

だったら、最初からおやつをご褒美にしなければいいんですね。

 

私はご褒美として、思いきり褒める事を試してみました。

 

最初はおやつで釣ってしまったこともありますが、やはりおやつがないとおやつちょうだい!となってしまうので、良くないと思ったからです。

 

最初からおやつを使わなければ、こういう問題も起きませんね。

 

犬は飼い主さんに褒めてもらうのが何より嬉しいのです。

 

おやつがなければしつけができないことはありません。

 

たまには、ご褒美としておやつをあげるのもいいでしょう。

 

おやつを習慣にしてしまうと後々色んな問題が出てくるので、最初におやつを使ってしつけない事を徹底しましょう。

 

褒める時には、とびきりの笑顔で、人に見られたらちょっと恥ずかしいと思うくらい大袈裟に褒めるのもポイントです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!