柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

犬を褒める基準と叱る基準

 

犬のしつけをする時には、アメとムチを使い分けることが必要です。

 

私が実際に犬のしつけを経験した感想ですが、基本的に叱るよりも褒めて伸ばす方が上手いく気がします。

 

とはいえ、時には叱ることも必要になる場合がありますよね。

 

まぐれでもいいので、「とにかく出来たら思いきり褒める!」ことも大切なことです。

 

出来た時には褒めることはわかりやすいの基準なので迷う事はないと思います。

 

では叱る基準ってなんでしょう?

 

私の経験上、失敗した時に叱ると、タイミングを間違えてしまうと、いじけたり、勘違いをさせてしまう事もあるので、叱り方はとても難しいと思います。

 

トイレを失敗したことを叱ったとしても、犬は排泄自体を悪いことと思ってしまう事もあるからです。

 

こういう場合には、無視するのが一番です。

 

無言で犬とも視線を合わせないようにします。

 

その代わり出来た時は大げさに褒めてみましょう。

 

犬は出来たら褒めてもらえるんだと学習します。

 

叱る基準を挙げるなら、甘噛みや噛んだ時などイケナイことをした時です。

 

子犬のうちは甘えて甘噛みをすることもありますね。

 

楽しくてつい興奮してしまうと、悪気はなくてもつい本気で噛んでしまう事もあります。

 

この時は、「痛い!」、「あっ!」、「イケナイ!」と突然大きな声を出してみてください。

 

これだけでも叱るのと同じ効果があります。

 

あまりにも強く噛む場合や、言う事を聞かない場合は、マズルを軽くつかみイケナイと叱ってみましょう。

 

「叱る=叩く」ことではありません。

 

犬のしつけに体罰は必要ありません。

 

飼い主さんの言うことを聞かないからとって、犬を叩いたりすると信頼関係が無くなることもあります。

 

一度失った信頼関係を築き直すのは時間がかかりますし、とても苦労します。

 

叱る時は、絶対に叩いたりしないようにしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!