柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

飼い主が主導権を握る

 

あなたは、犬の習性というのを知っていますか?

 

犬と暮らしていくためには、犬の習性を理解しておくことが大切です。

 

犬は群れで行動する習性があり、群れにはリーダーが存在します。

 

犬を迎え入れたら、犬と一緒に暮らす家族が一つの群れとなり、飼い主さんがリーダーにならなくてはいけません。

 

仔犬の時に誰がリーダーであるかを認識させておかないと、後で大変なことになる場合もあるので、注意しておきましょう。

 

仔犬は見た目も可愛いですし、ついつい甘やかしてしまいたくなりますね。

 

犬が甘えたり、鳴く度に反応して抱っこしたりおやつをあげる、なんてことをしてしまうと、犬は鳴いたり甘えたりすれば自分の要求が通るんだという事を学習します。

 

家族(群れ)の中で、自分の要求が全て通ってしまうと、犬は自分は一番偉い、つまりは「リーダーなの?」と勘違いしてしまいます。

 

こうなってしまうといくら飼い主さんが言う事を聞かせようとしても、言う事を聞いてはくれません。

 

これがよく言われるアルファー症候群なんですね。

 

反抗的な態度を取ったり、気に入らないことがあると、鳴いたり唸ったり、時には威嚇したり、噛みつくこともあります。

 

このような問題行動の原因にもなってしまうので、仔犬の時から飼い主が主導権を握る事が大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!