柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬に与えてはいけない食べ物と飲み物

 

柴犬に限らず、犬には与えてはいけない食べ物と飲み物があります。

 

人間にとっては、健康のためになり美味しい食材でも、犬にとっては毒になる食材もいくつかあります。

 

直接それを食べなくても、煮込んであったりしてエキスが含まれる場合にも同じと考えましょう。

 

代表的なのは、タマネギやニンニクです。

 

例えば、タマネギに含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という物質が体内に吸収され赤血球を壊すことで、貧血症状が出ます。

 

また、黄疸や食欲不振、尿が赤くなることもあり、症状が進行すると死ぬこともあり得ます。

 

チョコレートも一切ダメです。

 

チョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質に毒性があります。

 

たまに少量なら問題ないという人がいますが、食べたら危険というリスクがある以上、絶対にたべさせないよう徹底するべきだと思います。

 

例えば、人間にとって毒とわかっている物を少量なら命に別状がないからといって口にしますか?

 

絶対にしませんよね?

 

犬だから良いのではなく、犬だからこそ飼い主さんが注意しなければいけないはずです。

 

胡椒や唐辛子などの刺激の強いもの、甲殻類、生肉、骨付きの鶏肉、硬い魚の骨などもあげてはいけません。

 

中毒を起こしたり、鶏の骨は裂けると縦に鋭く裂けるので、食道や内臓を傷つけてしまうからです。

 

硬い魚の骨もそうですね。

 

食べ物だけでなく飲みものもあります。

 

牛乳はお腹を壊す原因にもなりますので、どうしてもあげたい場合には犬用の牛乳にしましょう。

 

ミネラルウォーターも結石のできやすい体質の子の場合、結石の原因になることがあります。

 

犬の健康のためにとミネラルウォーターにしている人もいると思いますが、基本的には水道水で十分です。

 

水道水がまずい地域の場合には、浄水器を使ったり、備長炭を入れて一度沸騰させてから冷まして飲ませてみましょう。

 

この方法だと人間が飲んでもおいしいお水になりますよ。

 

また、犬にビールや焼酎などのお酒を飲ませる飼い主さんなどはいないと思いますが、アルコールもNGな飲み物です。

 

アルコール飲料に含まれる「エタノール」が原因で、アルコール中毒を起こすことがあります。

 

体重にもよりますが、小型犬の場合はアルコール度数5%の缶ビール1本で命を落とすことになります。

 

もし、犬に与えてはいけない食べ物や飲み物を与えてしまった時は、すぐに動物病院で診察を受けてください。

 

その時は獣医さんに何をどのくらい食べたのか、摂取してからどのくらい経過したのかなどの詳しい情報を正確に伝えるようにしてください。

 

深夜などでかかりつけの獣医さんと連絡が取れない場合は、夜間病院があります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!