柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

成長と共にドッグフードを変えていく

 

私たち人間も年齢に合った食事というのがありますよね。

 

子どもの頃や思春期は育ちざかりなので、栄養のあるものをたくさん食べるように言われます。

 

好みなどもありますが、若い頃はカロリーの高いこってり系が好きだったりしませんか?

 

でも不思議なもので年齢とともに少しずつ食べ物の好みも変わってきますよね。

 

中にはいくつになっても高カロリーの食事が好きな人もいますが、体が受け付けなくなったり、病気などで食事制限が必要になったりします。

 

犬もこれと全く同じで、成長と共にドッグフードを変えていく必要があります。

 

でも犬は自分の意思で、そろそろ7歳になるからドッグフードの種類を変えてください、なんて言えません。

 

だから飼い主さんが犬の健康を考えて、食事管理をしないといけないんです。

 

仔犬の頃は成長期なので、栄養価の高いパピー用のドッグフードを食べさせましょう。

 

成犬になったらアダルト用、シニア用、高齢犬用と年齢に応じて変えてきます。

 

同じメーカーのドッグフードにも年齢に合わせた種類なども出ていますので、その都度飼い主さんが良いと思うものを選んでみてください。

 

高齢犬になれば、食事も細くなったりしますし、歯がボロボロだと思うように食べられなくなります。

 

こういう時には、子犬の頃を思い出し、フードを柔らかくしたり、時には飼い主さんが食べさせてあげたりも必要になります。

 

犬も高齢になれば人間と同じように、介護が必要になることもあります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!