柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の1回の食事量

 

犬の食事量を見極めるは、とても難しいことですね。

 

食事の細い子もいますが、食欲旺盛な食いしん坊さんもいるので、なかなか適量がわからず、最初は誰でも試行錯誤すると思います。

 

私の経験上一番良いのは、まずドッグフードのパッケージに書いてる量を目安にすることです。

 

ここで一つ注意してほしいのは、犬にも個体差があるとういうことです。

 

最初はパッケージの量を食べさせてみてください。

 

もしも量が少ない場合には、食べ終わった後もたりないので、食器をいつまでもペロペロと舐めるはずです。

 

これは後片付をしていたり、キレイ好きというわけでもありません。

 

「もっとほしいよ〜」というサインなのです。

 

足りない時には、少し足してみてください。

 

多い場合でも、加減がわからず全部平らげてしまう子もいます。

 

食べ過ぎれば当然太ってしまいますので、肥満になります。

 

そういう時には、ウンチの状態を見てみましょう。

 

少し柔らかすぎたり、ウンチの最後の方がゼリー状になっている場合には、食べ過ぎのサインになります。

 

おやつを食べ過ぎた場合にも、ウンチの状態で判断できますので、一つの目安にすることができます。

 

食事の量は、同じ日に生まれた兄妹犬でも全く違うので、注意深く観察してその子にベストな食事の量を見極めてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!