柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

仔犬の食事の与え方

 

仔犬は少しの変化にもなかなか順応しにくい所があるので、食事は特に注意しましょう。

 

まず仔犬を迎え入れてすぐは、今までいたところで食べていたドッグフードを同じ種類を同じ状態で食べさせます。

 

お湯や水でふやかして柔らかくして食べさせていたなら、同じようにして食べさせてあげましょう。

 

ペットショップやブリーダーのところでドッグフードの種類と、食べさせていた状態を確認しておきましょう。

 

新しい環境に慣れるまでには、1週間〜2週間くらいかかります。

 

犬にも個体差があるのでもっと早く慣れる子もいれば、時間がかかる子もいますので、犬の状態を見ながら判断して下さい。

 

ドッグフードは徐々に硬くしていきましょう。

 

水で戻すと時間がかかりますが、中まで柔らかくなります。

 

でも、お湯で戻した場合には、周りだけ柔らかくなり中心部分は少し硬さが残っています。

 

もちろん、時間が経てば柔らかくなりますが、いきなり硬くしてしまうとお腹を壊してしまう事もあるので、少しずつ状態を変えていきましょう。

 

最終的にカリカリの状態で食べられるようにしていきます。

 

食事が合っているかどうかを見極める目安は、ウンチの状態です。

 

ドッグフードを柔らかくした状態だと、少しウンチも柔らかめになりますが、硬くしていけばコロコロとした良いウンチをするようになります。

 

食事の量なども、ウンチの状態を見て調節しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!