柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

主従関係を築くために飼い主が先に食事を済ませる

 

食事の時間はしつけにもなるので、犬の食事の前に必ず飼い主さんが食事を済ませましょう。

 

犬が見ているところで食べるのは、可哀そうと思う人もいるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

 

犬は元々群れで行動する習性があります。

 

家族の一員となった場合には、家族を自分の群れと認識します。

 

群れには必ずリーダーが存在しますので、飼い主さんが群れのリーダーとなることで、しつけも毎日の生活も上手くいくのです。

 

群れのリーダーは誰よりも一番最初に食事をします。

 

リーダーが食べ終えたら、位の高い順番に食事をしていきます。

 

これが群れのルールになります。

 

犬が見ている前で飼い主さんが先に食事を済ませることで、群れのリーダーが誰であるのかを理解していくのです。

 

お腹を空かせているから、可哀そうだからと犬の食事を先にしてしまうと、犬は群れの中で自分が一番偉いと勘違いしてしまいます。

 

こう思ってしまったら自分が一番偉いのだから、飼い主さんの言う事なんて聞かなくてもいい!と思ってしまい、これが要求吠えやアルファー症候群などの問題行動に発展します。

 

しつけの中には、あえてしつけとして行うのではなく、毎日の生活の中で自然と身について行くしつけもあるんです。

 

毎日の食事は愛犬と主従関係を築くために大切なことです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!