柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬に犬用のおもちゃを与える

 

おもちゃで遊ぶことで、飼い主さんとの信頼関係を深めることもできますし、いたずらで何かを噛むことや、犬のストレスを解消することもできます。

 

私も我が家のワンコ達には、まだ目が開かない頃からおもちゃを置き、音に慣れさせていました。

 

最初は警戒して、まだ目も見えないのに、「うぅぅ」と小さく唸ったり、「キャン」と鳴いていたりしましたが、すぐに慣れて目が開く頃には、おもちゃの音に反応して体当たりして遊んでいましたよ。(笑)

 

犬におもちゃをあげても遊んでくれないという飼い主さんがいますが、これは遊び方を知らないからなんですね。

 

人間だって、生まれて初めて見る物がなんだわからなければ、使い方もわからないままになりますね。

 

犬におもちゃで遊んでほしいなら、飼い主さんが遊び方を教えてあげればいいんです。

 

一番いいのは、噛むとピーピーと音がするおもちゃです。

 

音に興味を持ってくれますし、飼い主さんがおもちゃを投げて取りに行き、噛むと音がすれば犬も楽しく遊べるんだという事がわかるようになります。

 

犬用のおもちゃがあれば、それを噛むことで他の家具や、スリッパを噛むこともなくなります。

 

コツは、おもちゃで遊んだ時に思いきり褒めてあげることですね。

 

楽しく遊んで、褒めてもらえれば犬だって嬉しいし楽しいと思ってくれます。

 

犬用のガムをおもちゃ代わりにしてもいいでしょう。

 

長い時間お留守番をさせる時にも、ガムやおもちゃがあればお利口さんでいてくれますよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!