柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の抜け毛対策をする

 

柴犬はダブルコートと言われる被毛なので、換毛期には抜け毛が多くなります。

 

ダブルコートの犬種はアンダーコートと呼ばれる綿毛のような毛と、トップコートと呼ばれる硬い毛の二重構造になっています。

 

春になって暖かくなってくると寒さから身を守るために生えていたアンダーコートがごっそりと抜け落ちますので、フワフワとした毛が部屋中に抜け落ちることになります。

 

いつものように1回だけのブラッシングでは間に合わないほど、次から次へと毛が抜けてくるので、この時期はちょっと悩みの種になることもあります。

 

いつも使っているブラシで十分なのですが、できればアンダーコート専用のブラシを使ってみてください。

 

面白いほどアンダーコートが取れるので、私も換毛期には必ず使っています。

 

抜け毛で1匹分犬のぬいぐるみが作れるのではないかというくらいの量が抜けるので、換毛期のブラッシングは念入りに行う事をオススメします。

 

アンダーコートがきちんと抜け落ちないと、蒸れて皮膚病の原因にもなるのでしっかりとブラッシングをしましょう。

 

シャンプーをする時には、排水溝に毛が流れやすく、詰まる原因にもなるので、ネットなどを使いできるだけ毛を流さないよう注意しましょう。

 

柴犬を室内で飼う場合は、洋服を着せると抜け毛対策になります。

 

洋服のおかげで抜け落ちる毛が少なくなりますが、その分洋服に毛が付くのでコロコロなどでキレイにした後に洗濯するといいですよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!