柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

室温管理に注意する

 

室内で柴犬を飼う場合は、室温管理も犬の健康管理には欠かせない事ですね。

 

屋外で飼う場合には、常に犬が過ごしやすい環境を考えてあげてください。

 

最近は大型犬でも室内で飼う人が多くなっています。

 

夏の暑い時期にはクーラーをつけ、冬の寒い時期には暖房の効いた部屋で過ごすことも多いでしょう。

 

柴犬は比較的、どんな環境でも順応しやすいと言われていますが、室内にいる場合でも、室温には注意が必要になることがあります。

 

例えば夏の暑い時期にはクーラーをつけていても、窓から日が差し込み、日が当たっている場所は温度が高くなりますね。

 

もしもサークルの中でお留守番をさせていて、その場所に直射日光が当たっている場合には、室内にいても高温の場所に置かれることになります。

 

サークルの扉が閉まっている場合には、逃げ場がないので熱中症になる子も多いのです。

 

室内にいても、日当たりのいい場所の場合には、カーテンを閉めたり日を遮るものを置いて、直射日光が当たるのを避けるようにしましょう。

 

仔犬や高齢犬の場合には、冷え過ぎで風邪を引かせてしまう事もあります。

 

冷たい空気は下に溜まりますね。

 

人間は快適でも犬は寒いと感じているかもしれません。

 

犬の体を触って、冷え過ぎていないかなども確認しておきましょう。

 

冬は日中は暖房で暖かくても、夜寝る時には室温が一気に下がりますね。

 

ペット専用のヒーターがあると便利です。

 

使い捨てカイロや湯たんぽは低温やけどの原因にもなるので危険です。

 

ペットにはペット専用のグッズを使うのがオススメです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!