柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の畜犬登録をする

 

犬を飼ったら、飼い主としていくつかやらなければいけない事があります。

 

畜犬登録をする事もその中の一つですので、覚えておきましょう。

 

犬の飼い主さんには、法律で畜犬登録をすることが義務付けられています。

 

生後91日から30日以内に、飼い主さんが狂犬病予防接種を受けさせ、その証明書を持って市区町村の定める管轄で登録をします。

 

仔犬を迎え入れる時期にもよりますが、毎年春には狂犬病の予防接種が行われます。

 

時期が合えば、その時に狂犬病の予防接種を受けたら証明書をもらうので、保健所に行き、畜犬登録も一緒に済ませます。

 

狂犬病の予防接種は毎年年に1回行いますが、犬の登録は生涯に一度だけです。

 

時期が合わない場合には、畜犬登録だけを先に済ませることもできますし、動物病院に行けば時期に関係なく、狂犬病の予防接種を受けられます。

 

その時に登録の方法なども教えてもらえますし、各市区町村の保健所に直接問い合わせてもいいですね。

 

畜犬登録の費用は、一律で3,000円になります。

 

狂犬病の予防接種は、各都道府県で若干差がありますが、だいたい3,000円前後です。

 

春に注射をする場合には、頭数も多くなるため、動物病院で登録や注射済み票の申請をまとめて代行してもらう事もできます。

 

登録手数料を数百円取られますが、忙しくて行けない人は代行してもらってもいいですね。

 

あとから注射済み票と鑑札のプレートがもらえますので、首輪やリードにつけておきましょう。

 

これがあれば、もしも迷子になってもすぐに飼い主さんのところに連絡が来るので安心です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!