柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の仔犬が環境に慣れるまでそっとする

 

仔犬は新しい環境に慣れるまでストレスも感じやすいですし、体調を崩しやすい状態であることを理解してあげてください。

 

確かに仔犬は見た目にもとってーも可愛くて、放っておけないくらいなのですが、つい抱っこしたり、一緒に遊びたくなる気持ちも良く分かります。

 

ですが、仔犬の健康や体調を一番に考えてあげてください。

 

新しい家族となったのですから、最初の数日間、仔犬が新しい環境に慣れるまでの間はそっとしておいてあげましょう。

 

家に着いたらまず、サークルに入れてあげます。

 

これはサークルの中が自分の居場所なんだと犬に学習させるためです。

 

サークルの中にベッドを入れて、お水を置いておきます。

 

最初は慣れないところで不安もあったりしますし、遊びたがって外に出たいと鳴くかもしれません。

 

でも、ここはじっと我慢です。

 

仔犬はすぐに疲れてしまうので、そのうち眠ってしまうでしょう。

 

寝て起きたらトイレをするのでサークルの中に仕切りをつけて、ベッドの近くにトイレを作っておくと、トイレのしつけも楽になると思います。

 

ご飯を食べてお腹がいっぱいになれば、また眠りますのでしばらくはそのまま見守りましょう。

 

トイレも済ませて、寝るまでに少し遊びたいそぶりを見せた時には、5分くらい外に出して遊びの時間を作ってもいいですね。

 

コミュニケーションやスキンシップも少しずつ始めて行くことができますね。

 

仔犬は疲れやすいので、最初は5分くらいで十分です。

 

慣れてきたら徐々に時間を延ばして行きましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!