柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

仔犬の居場所を決める

 

まずは、仔犬が安心できる居場所を作ってあげることが大切です。

 

家の中には必ず自分にとって居心地の良い場所と言うのがあると思います。

 

食事をするテーブルも、自分の席が決まっていますよね?

 

犬も同じように、居場所を作ってあげましょう。

 

我が家の場合には、トイレもできるようになったので、サークルもありますが、扉は常に開けておき、中にベッドを置いています。

 

多頭飼いなので、みな自由に自分の好きな場所でくつろいでいます。

 

というよりほとんど寝ていますけどね。(笑)

 

でも、何かに驚いたり、叱られたりすると、真っ先に駆け込むのはサークルの中です。

 

最初にサークルの中で過ごすと、そこが自分の居場所だと学習できますね。

 

お留守番をする時にも、サークルの中で良い子にしていてくれるようになります。

 

そのためにも、ベッドをおいて常に清潔な環境にしておきましょう。

 

ソファーやベッドの上には乗ってはいけないという事になっているんですが、気づくといてはいけないはずのソファーやベッドの上にいることがあります。

 

きっと犬にとってはそこが一番居心地がいいんでしょうね。

 

私のように、飼い主さんがそれでも良いと思うのなら自由にさせてもいいと思います。

 

寝る時にはサークルの中でと決めているのなら、最初からそのようにしていけば犬も自然とそれを学びます。

 

基本的にはサークルの中が犬の居場所ですが、変えていくこともできます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!