柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

フローリングの滑り止め対策をする

 

室内で柴犬を飼う時は、フローリングの滑り止め対策をしておきましょう。

 

フローリングの床の上を靴下やストッキングで歩いていると、滑って転びそうになったり、転んでしまうはありませんか?

 

これは人間だけに限らず、犬も同じく滑りやすいのです。

 

踏ん張ることができないと、滑った拍子に膝を傷めたり、腰や背中を痛めてしまう事があります。

 

フローリングの床で滑ってしまったことによる怪我も意外と多いので注意しておきましょう。

 

フローリングの滑り止め防止というと、なんだか大変なことのように思えてしまいますが、滑らないようにするのは結構簡単です。

 

一部分だけでもいいので、マットやラグを敷いてあげましょう。

 

部屋一面フローリングの場合には、何ヶ所かにマットやラグを置けばいいでしょう。

 

1枚置くだけで滑りにくくなりますので、背中や腰などの怪我をする確率も低くなります。

 

掃除をする時にも、マットやラグをずらせばいいだけですし、汚れたら洗濯すればまたキレイになるので、衛生面でも良いですね。

 

全面にカーペットを敷きつめるのもいいですが、掃除が大変なので、私は何ヶ所かにラグを置いています。

 

マットやラグを敷く時、裏が滑りやすい素材の場合には、ラバー製の滑り止めを敷くとさらに滑りにくくなります。

 

専用のマットがない場合には、輪ゴムやラップを置いても代用できますのでお試しください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!