柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

室内を綺麗に掃除する

 

柴犬は外で飼うことも出来ますが、仔犬の頃は室内で飼育します。

 

仔犬を迎え入れる前には、部屋の中をキレイにしておくことは大切なことです。

 

仔犬はとてもデリケートです。

 

室内の環境が悪ければ、アレルギーの原因になったり、健康面を考えてもよくありませんし、人も快適に暮らせませんね。

 

また、仔犬は目に入ったものをとりあえずそれが何なのか、確かめようとします。

 

口に入れてしまう事もありますし、うっかり飲み込んでしまう事もあります。

 

それが仔犬にとって危険なものだった場合には、最悪の場合、死亡してしまう事もあります。

 

室内に常に何かが落ちている状態だと、拾い癖も付いてしまうので、散歩に行った時、道路に何か落ちていたらそれも食べるようになってしまいます。

 

落ちている物が全て犬にとって安全とは限りません。

 

むしろ危険なものの方が多くなります。

 

犬を飼育する上では、清潔な環境であることが大切です。

 

神経質にピッカピカにする必要はありません、普通に掃除機をかけ、必要ならば拭き掃除もします。

 

窓を開けて空気の入れ替えをしたり、空気清浄機を設置してもいいですね。

 

普通に掃除をしていれば、犬にとっても人にとっても快適な環境になるはずです。

 

床に落ちている犬のおもちゃと、人の物(スリッパや雑貨など)を犬は区別することができません。

 

おもちゃは噛んでもいいのに、人の物を噛んではいけないと言われても、その違いがわからないのです。

 

だったら最初から床に物を置かないように徹底すればいいんですね。

 

柴犬を室内で買う場合も、部屋の中は常にキレイにしておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!