柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬をペットショップで買うメリット・デメリット

 

犬を飼いたいと思った時に行くのがペットショップだという事も多いはずです。

 

犬を購入するための方法はいくつかありますが、それぞれにメリットとデメリットもありますので、それについて考えてみましょう。

 

ペットショップで購入する場合には、実際に仔犬と会う事ができますね。

 

手の消毒もせずに色んな仔犬を触らせたり、抱っこしたり、仔犬同士を同じサークルに入れて遊ばせているようなお店は衛生上の問題からあまりオススメできません。

 

ペットショップにいる仔犬たちは、本当ならまだ母親と過ごさなければいけない時期に、母親と引き離されてしまいます。

 

この時期には、母犬のお乳をたくさん飲み、免疫をもらうのですが、ペットショップにいる仔犬たちはこれができません。

 

その理由は何とも人間の勝手な理由です。

 

仔犬が一番可愛い時期は、生後2ヶ月くらいですね。

 

この時期にお店にいるためには、もっと早くに母犬から引き離さないといけません。

 

仔犬の可愛さには変わりないと思うのですが、一番売れるであろう時期にお店にいるためには仕方のないことと、勝手に人間が決めたルールなんです。

 

仔犬はとてもデリケートですし、寂しさと不安、移動中のストレスなどからちょっとしたことでも調子を崩しますし、病気に対する抵抗力もまだしっかりしていないので、病気にかかる可能性も高くなります。

 

ペットショップに来る仔犬は、色んなところから来るので、中には病気になっている仔犬もいるんですね。

 

ペットショップで仔犬を買うメリットは、実際に仔犬と会えることですが、健康面という事に関しては、デメリットと言えるかもしれません。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!