柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の血統書

 

ここ最近のペットブームで犬を飼う人がとても多くなっています。

 

人気の犬種もいくつかあって、小型犬の人気が高くなっていますね。

 

多くの場合は洋犬ですが、日本犬の中で一番小さい柴犬もなかなかの人気です。

 

ほとんどがJKC(ジャパンケンネルクラブ)の発行する血統書なのに対し、柴犬は他の団体が発行する血統書もあります。

 

JKCは日本国内の全ての純血種の血統書を発行し、管理しています。

 

他の団体は、日本犬保存会という団体で、柴犬の他には秋田犬、甲斐犬、四国犬、紀州犬の5種の管理をしている団体になります。

 

もちろん、血統書の発行もしていますので、柴犬の血統書を見ればどこから発行された血統書なのかを知ることができますね。

 

一般家庭で家族の一員として飼う場合には、特に血統書の出番もあまりないので、どちらの団体でもそれほど気にすることもありませんし、何かの不都合があるわけでもありません。

 

ただし、ドッグショーやアジリティに出場したい場合は、少し条件があるので覚えておきましょう。

 

どこが主催しているかにもよりますが、ドッグショーの場合には所属する団体で出展出来ないこともあるので、事前に確認をしておきましょう。

 

ちなみに、アジリティや競技会は犬種や血統書に関係なく、誰でも参加することができます。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!