柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の販売価格

 

どの犬種でもそうですが、犬の販売価格には規定がないので、ペットショップやブリーダーによっても全然違います。

 

これは柴犬にも言えることです。

 

インターネットでざっと探してみただけでも、5万円台から20万円台まで幅広い価格になっていました。

 

もちろん、顔つきや毛色、性別、血統、年齢などでも価格が変わることもあります。

 

一般的には、メスは子犬を産めるのでオスよりも少しだけ高くなっています。

 

また、ペットショップで購入するか、ブリーダーから購入するかによっても違いますね。

 

ペットショップで購入するよりもブリーダーから購入する方が少し価格は安くなる思っておくといいでしょう。

 

ペットショップはテナント料や人件費、仔犬の仕入れ代や飼育費用など様々なランニングコストがかかるので、値段が高めるになる傾向にあります。

 

仔犬の価格だけで決めてしまうのはあまりオススメできませんが、ブリーダーから購入する方が育った環境も良く、母犬や場合によっては父犬などの姿も見ることができるので、成長した時どんな犬になるのかを知ることができますね。

 

ペットショップで購入するよりも、母犬と過ごす時間も長くなるので、丈夫で健康な仔犬が多いのも特徴です。

 

中には悪質なブリーダーもいるので、本当の意味で良いブリーダーを探すのことも大切です。

 

最近は仔犬を扱っているネットショップも多くあります。

 

ネットショップの場合は店舗がないので、ペットショップよりも安くなる傾向にあります。

 

柴犬の平均的な価格としては、15万円前後といったところでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!