柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬と豆柴犬の違いは何ですか?

 

豆柴犬というのは、元を辿れば柴犬なんです。

 

かつては豆柴犬という犬種は認められていませんでしたが、2008年に日本社会福祉愛犬協会(KCジャパン)により公認犬となりました。

 

日本社会福祉愛犬協会が発行している血統書であれば豆柴表記となります。

 

ただし、仔犬の頃は、「豆柴認定未審査」という血統書となります。

 

成犬時に検寸し、規格内として合格すれば、その時点でやっと「豆柴認定犬」という血統書となります。

 

主に柴犬の血統書を発行している団体はJKCと日本犬保存会になります。

 

どちらも、豆柴犬は正式に認められていない犬種なので豆柴表記はありません。

 

あくまでも小型の柴犬という考え方です。

 

その他に柴犬と豆柴犬は何が違うのか?

 

最も大きな違いは個体の大きさですね。

 

体高の違いは以下の通りです。

 

柴犬:オス39.5cm、メス36.5cm

 

豆柴:オス33cm、メス31cm

 

柴犬といっても個体差があり大柄な家系の子もいれば、小柄な家系の子もいるわけです。

 

この小柄な家系の犬を選び、交配させることで、より小さい柴犬を作ったのです。

 

でも、実際は柴犬として登録されるので、要は大きさの違いだけになります。

 

しかし、豆柴犬と言われて購入したものの、成長したら普通の柴犬と変わらないサイズになることもあるので注意しましょう。

 

成長したら普通の柴犬になったからといって、愛情が薄れるわけではありませんよね?

 

そんな人は最初から犬を飼わないでほしいですね。

 

見た目ではなく、その子の個性だと思い受け入れてほしいと思います。

 

なぜなんでしょう?

 

最近サイズが小さいほど可愛いと思う人が増えているようですね。

 

確かに小さいと見た目は可愛いものですが、育てるのは本当に大変ですよ。

 

小さい分、体が弱いこともあるので、育てるのには普通のサイズ以上に手間がかかります。

 

全ての子が病弱だということではありませんが、こういうケースもあるという事を覚えておきましょう。

 

犬を飼うならサイズに関係なく大切にして可愛がって欲しいですね。

 

値段的には、小さいサイズになるほど高くなる傾向にあります。

 

豆柴犬として探すとしたら、200,000円〜280,000円くらいが相場といったところでしょうか。

 

もちろん、これより安い場合もありますし、高くなる場合もあります。

 

また、人気の毛色の場合には少し高めになります。

 

オスよりもメスの方が高い事が多いので、どちらを希望するかによっても値段が変わってくるので覚えておくといいでしょう。

 

だいたいメスの方がオスよりも、30,000円程度高くなることが多いようですね。

 

たまに豆柴犬専門店といったり、豆柴犬のブリーダーを名乗っている人がいますが、あくまでも犬種は柴犬です。

 

小さめの柴犬を豆柴犬と呼んでいるだけなので、大きくなる可能性もあることを十分理解しておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!