柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は痴呆症になりやすいって本当ですか?

 

確かに統計的に見ても柴犬の痴呆症は多く、痴呆症になる犬の大半が柴犬だというデータもあります。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

色々な原因が考えられると言われていますが、その一つにドッグフードが挙げられています。

 

昔に比べてドッグフードの質も向上していますが、その成分にも色々ありますね。

 

大抵の場合は、ドッグフードの原料はお肉です。

 

栄養バランスは整っているものの、痴呆症の予防にもなると言われているDHAは魚に多く含まれます。

 

栄養だけを考えた時、どうしても肉中心の食事になってしまうため、DHAが不足気味になり、「痴呆症になりやすいのでは?」という事のようですね。

 

このため最近では魚を原料としたドッグフードも多く開発されています。

 

しかし、ドッグフードだけではどうしても補いきれない部分もあります。

 

このことから犬用のサプリメントも販売されるようになりました。

 

もう一つ、食事の質が良くなったことで長生きの犬も増えてきてます。

 

このため、痴呆症になる犬も増えるという皮肉な結果になっている部分もあります。

 

痴呆症は一度かかったら治療ができない病気ですが、進行を遅らせることはできます。

 

サプリメントにはそういう効果のあるものもあるので、食事で補えない分はサプリメントを上手に使って補っていくと良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!