柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬のしつけは難しいって本当ですか?

 

犬のしつけについては、犬の性格と飼い主さんのしつけ方次第ではないでしょうか?

 

柴犬はよく吠えるというイメージがありますね。

 

でも中にはまったく吠えない柴犬もいます。

 

番犬用に飼われている場合には吠えるのも仕事ですが、1日中吠えている場合もあります。

 

無駄吠えのしつけ一つとっても、犬の性格を見極めてそれに合ったしつけ方が必要なんですね。

 

確かに柴犬は他の犬種に比べると、しつけが難しい方かもしれません。

 

柴犬は初心者の人には向かないとも言われますが、犬との時間を十分取れる人、犬のことを理解しようという気持ちが強い人なら、初心者の人でもしっかりと犬との信頼関係を築くことができるでしょう。

 

しつけの基礎は、まず犬との信頼関係を気づくことですね。

 

これがなければ始まりません。

 

いきなり厳しくしつけを始めるのではなく、まずは犬とのふれあいから始めて行きましょう。

 

名前を呼び、コチラを向いたら褒めてあげます。

 

おいでといってこちらに来たら褒める。

 

スキンシップをしながら、ブラッシングをしながら犬に話しかけてください。

 

こうした何気ないことの積み重ねで、犬との信頼関係を築いて行けるはずです。

 

しつけを始めたら、出来た時はとにかく大げさに褒めてください。

 

褒められれば犬もやる気が出て、覚えも早くなります。

 

柴犬は賢く物覚えが良いので、コツをつかみ、根気と忍耐があればそれほどしつけで苦労することはないと思います。

 

犬のご機嫌を伺うのではなく、時には毅然とした態度で臨んでみましょう。

 

基本的に叱るより、褒めて伸ばすしつけの方が上手くいく気がします。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!