柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬は何キロ以上太ったら肥満になるのですか?

 

肥満については、「何キロ以上になれば肥満です」と言い切れない部分もありますね。

 

なぜなら犬にも個体差があり、体重も体格も違うからです。

 

犬の図鑑や柴犬の本などを見ると、平均体重としてオスが9kg〜11kg、メスが7kg〜9kgとなっています。

 

しかし、他の情報として、オスとメスともに9kg〜14kgとなっている場合もあります。

 

これはあくまでも平均体重、理想体重であるので、この数字にこだわることはないと思います。

 

例えば、人間で考えてみましょう。

 

日本人の20歳の男性と女性が数十人いた時、それそれ身長も体重も骨格・体格も違いますよね。

 

平均体重というのはありますが、身長が違えば体重も変わってきますし、太っている、痩せているという基準も変わります。

 

これは犬も全く同じなんですね。

 

平均や標準を基準としてはいるものの、それぞれのべスト体重があるはずです。

 

小柄な子は、オスでも7kgくらいのことがありますし、大柄な子はメスでも14kgになることもあります。

 

骨格や体格から判断して、その子のべスト体重を見極めることが大切です。

 

目安としては、手で体を触った時、あばら骨や背骨の感触がわかること、どこに骨があるかわからないほどお肉が付いていたら肥満です(笑)

 

上から犬を見た時、ウエストにくびれはありますか?

 

くびれがなく丸いしずくのような形の場合には、肥満かもしれません。

 

あばら骨がさらわずとも見た目で浮き出るほどでは明らかに痩せすぎです。

 

どうしてもわからない場合には、動物病院に行って相談してみましょう。

 

体重管理のやり方についてアドバイスしてもらえると思いますよ。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!