柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の毛が抜ける原因は何ですか?

 

柴犬の毛が抜ける原因は色々あります。

 

まず考えられるのは、皮膚病やその他の病気の症状としての抜け毛です。

 

病気の種類によっても異なりますが、円形に脱毛したり、部分的にごっそり抜けたり、全体的に抜ける場合もあります。

 

この場合には、病気の治療をすれば症状も改善されるので抜け毛も少なくなるでしょう。

 

柴犬は特に皮膚病になりやすい犬種なので、皮膚や毛のチェックを欠かさずに行う事も大切です。

 

他には、ストレスなどで毛が抜けることもあります。

 

柴犬は急な環境の変化に対応できないことがあります。

 

やむなく環境が変わる場合には、できるだけ犬にストレスをかけないように気を使ってあげたいものですね。

 

ホルモンバランスが崩れて抜け毛が起きる場合もありますが、治療が必要な場合もあれば、自然と回復に向かう事もあります。

 

判断できない場合には動物病院で診察を受ければ原因もわかるので、適切な処置をすればいいでしょう。

 

この他の原因は、換毛期の抜け毛でしょう。

 

柴犬はダブルコートの被毛をしているので、換毛期にはこれでもかというくらいの抜け毛があります。

 

ちょっと油断すると、抜けた毛がそこらじゅうに落ちているなんてこともありますね。

 

ただし、この場合は病気ではないので、アンダーコートが全て抜ければ抜け毛の悩みからも解消されますよ。

 

換毛期は年に2回ほどやってきますので、抜け毛対策も大切ですが、小まめにブラッシングをして、アンダーコートを取り除いてあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!