柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬を無料でもらうことはできますか?

 

柴犬を無料でもらう事は可能です。

 

ただし、ペットショップやブリーダーのところからとなると、ほぼ無理でしょう。

 

ペットショップやブリーダーは仔犬を売ることが商売なので、柴犬の仔犬を無料で引き取ってもらうといったことはしません。

 

例えば、多頭飼いしている人のところで生まれた仔犬や、友達同士でお互いの柴犬を交配させて仔犬を産ませるなんてケースもありますね。

 

この場合、仔犬が産まれても素人は犬を販売する権利がありません。

 

値段を安めにしたからいいだろうと思っていても、許可なく、資格もなく仔犬を販売した場合には、法律違反になるので絶対にやってはいけないことです。

 

販売許可を持たない一般の人のところで産まれた柴犬の仔犬なら、無料で譲ってもらう事ができます。

 

そういう情報を探して連絡を取り、仔犬を譲ってもらえないか聞いてみましょう。

 

ただし、仔犬を売買することはできないものの、それまでにかかった飼育代、エサ代としていくらか包むという事はあるようです。

 

可愛がって大切にしてくれるなら、気持ちも受け取らないという人もいるので、時間をかけて探す覚悟があるなら、可能だと思います。

 

他には動物保護センターに保護されている犬や、里親募集の掲示板などをチェックするという方法もあります。

 

ただし、柴犬である可能性は低いですし、柴犬だったとしても成犬のことが多いので、柴犬の仔犬となると難しいかもしれませんね。

 

里親になりたいと願い出ても、飼育環境や家族構成などによっては断られる場合もあるので覚えておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!