柴犬の飼い方・しつけ方・性格・価格・毛色・寿命

柴犬の洋服

 

「犬に洋服を着せるのは人間のエゴだ!」なんて思っている人も多いと思います。

 

でも、ただファッション性というだけではなく、犬の洋服には意味がある場合もあるのです。

 

柴犬は環境に順応する力が優れているので、外で飼う事も出来る犬種ですが、やはり冬は寒いですし、室内で暮らしていれば、寒さにも弱くなります。

 

年を取れば体温の調節が上手くできなくなるので、洋服を着せることで防寒対策にもなります。

 

また、抜け毛が多い時期には、洋服を着せることで抜け落ちる抜け毛の量を少し減らすこともできます。

 

柴犬はダブルコートと言われる二重構造の毛をしていますので、換毛期には綿毛のようなアンダーコートがごっそりと抜け落ちます。

 

この時期には念入りにブラッシングをしますが、それでも次から次へと毛が抜けてくるので、洋服を着せることで少し解消されます。

 

もちろんその分、洋服に毛が付くので、コロコロなどでキレイに取ってから洗濯しましょう。

 

洋服を選ぶ時には、人間と同じように着やすさを一番に選んであげて下さい。

 

サイズをきちんと測るのはもちろんですが、収縮性の良いものや暑い時期には通気性の良いものを選びましょう。

 

冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるような素材を選びたいですね。

 

見た目だけを重視してしまうと、犬にとって着心地の悪い服になってしまいます。

 

でも、中には服を嫌がる子もいますので、無理やり着せたりしないようにして下さいね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!